FC2ブログ
愛だの恋だの
この大空に翼を広げ飛んで行きたいろまんがゲーム制作についてや、どうでもいい記事を自由に書くページです。

観葉植物が峠を越した、そんな季節

表紙
没にした表紙




おい小学生!いつまでも親がいると思うなよ!
ろまんです。


■ここん所、ゲームとは全然関係無い制作ばかりしてました。
ゲームで入れたいネタ、書きたいこと、今後の展開、めっちゃいっぱいあるので、
やっと本腰いれてゲーム作れるね。
私はマジだぜ。頭の中のロケットブースターに火が付いたぜ。
ふおおおおお!
制作たのしいいいい!!
合間の息抜きも、これまた楽しいんだよねー、
息抜きに、ちょっと海行ったりするけど。
アワビの群生地潜ったりするけど。
瀬戸内に旅行行ったりするけど。



ドーンと構えて夏!!

スポンサーサイト



【2013/08/03 07:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

浮いた旅費で「中華一番!」買った

新規キャンバス



 去年から、春休みを利用して中国に行って中華食べまくり小旅行に行こうと計画を立ててたのですが、いろいろな都合により取りやめになってしまいました。
ふごおおおおお!!!

本場の満干全席が食べたかったのにいいいい!!!
誰か劉昴星を呼べ!!!
【2013/03/02 01:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

世界のどこかで何かを叫んだ誰か

冬なのに蚊に刺されたろまんです。

よく男性が女性を口説く常套句に
「僕は君を守ってみせる!!」
とか言ってるけど、あれはマジで何から彼女を守るんでしょうか??
敵とかいるの??強盗とかいるの?
彼女はピーチ姫か何かなの?
むしろ、お前が襲おうとしてんだろ?
ってか、もっと守らなくちゃいけない物があるんじゃないの?
例えば…


うちの鴨とか。
P1020891s.jpg



↓解体後

P1040601s.jpg


私の実家はアイガモ農家で、毎年鴨を解体して鍋にしてます。
これは今年の鴨と解体した肉。
実家が農家なのですがアイガモ農法で、田んぼに鴨を放すという方法をとっています。
鴨と田んぼはとても相性が良くて、鴨は田んぼの害虫や雑草を食べてブクブク太り、糞も肥料になるので米もよく育つ。というように、この2つは願ったかのようなWIN-WINな関係で、人間様の腹も満たされる素晴らしい技術なのですが、やはりデメリットもあります。
それは、鴨の管理が非常にしにくい事。

去年は雛を20羽仕入れたのに、8月時点で残ったのは
こいつらだけ。
P1040940.jpg

少ねえ…。
農業は自然を扱う事だから、人間が求めるような構図に収まりません。

で、またいろいろあって、最後まで生き残ったのは、たったの1羽だけでした。
20羽中生存率1羽って・・・。


毎年、鴨の解体には地元の大学生なんかをアルバイトに雇って手伝ってもらったりしてるんですが、今年はそれも無し。
鴨鍋も2回しか出来なかったし、羽毛も1羽分しか取れなかったし非常に残念でした。

で、そうとなれば原因解明なのですが、どうやら鴨を襲っている宿敵がいまして、それがキツネなんですよ!
キツネ!


キツネ!!!!
tumblr_lreeq2q1A31qz6jrko1_500.jpg




ちくしょーーーーい!!
家の鴨を19羽も食いやがって!!
私は1羽しか食べれなかったのに!!人間なめてんじゃねえよ!!
ごんぎつねなんて居やしないんだよ!!
軒先に季節の贈り物置いてくる奴は、傘地蔵だけで十分なんだよ!!キャラ被ってんだよ!!
誰か兵十を呼んで来い!!
アミルさんを呼んで来い!!
猟友会を呼んで来い!!!!
キエエエエエエ!!!

という訳で、今年の目標は、
鴨…

P1040940.jpg

私は

君を

守ってみせる!!





という訳で猟友会に入ります。
狩猟免許取ります。私は本気です。
履歴書に「第一種銃猟免許」って書きます。
愛と食欲のために戦います。
どこぞの彼氏は何かから彼女を守ればいいさ。
私は鴨を守るから。物理的に。愛のためにね!!フゥーーーーー!!!
ゲーム?
作ってるよ。私なりに。



(あとキツネの画像は借りました。ありがとうございます)
【2013/02/06 08:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

希望を下さい

『君の望む幸せじゃなかったね。』ろまんです。
エヴァQ見ました。

●誰でも良いから、シンジ君に優しくしてあげてください。ムツゴロウも裸足で逃げ出すレベルで愛で回して!めちゃくちゃにして!
●そして親切に説明をしてあげて下さい。
●『シンジ、よく聞いて。お前が今こうすると結果カヲル君が死ぬ』
●今回ばかりはカヲル君は私の味方で希望の一等星。
●シンジ君の食べてる物が、ピザの材料にしか見えなくて、その時ほどピザ屋でバイトを始めた事を後悔した事は無かった。
●宇多田氏の歌の歌詞が、未練タラタラソングで救いようが無い
●公開3日目の月曜日の朝一のシアターだったのに、席が全て埋まっていてエヴァの本気を見せられた。私も本気で見た。
●全体的にスタッフの本気のオナニーを見せられた。『俺のオナニーは安くねぇんだよ!!』←私の心に聞こえてきた。
●あと2回は見る。

続編はいつ公開なんでしょうか。
いつにしろ、生きる理由が、また一つ増えてしまいました。
【2012/11/20 04:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

更新しました

セージh




いろはにへとへと。
ろまんです。

●サイトの更新をしました。
木網なう子さんが一肌脱いでくれました。
もうじき、体験版もダウンロードできるようにします。

春コミ、出られたら出ます。申し込みます。


●本を全く読みません。
高校生の頃は友達もろくに作らず年100冊近く読んでいたのですが、最近は、頑なに読書をしません。
むしろ『本なんて読むものか』という意地を張り始めていました。
漫画はぼちぼち読んでますが、活字というものに疎くなっていました。

でも、最近になってまた本が読みたいと思うようになりました。
どこかで、
『自分の体を強烈に実感したかったら、ナイフで体を切ってみればいい。血が溢れ、熱を持ち、痛みを感じた所からが自分の体だ。同様に、心のありかを知りたくなったら本を読めばいい。感情が動き、傷つき、不快感、感銘、感動の生じたところからが、自分の心だ』
という文章を読んだのです。どこで読んだ文章だったか忘れましたが、実に奇を衒う事を言うなぁと思いました。私は、今まで娯楽としての読書しかしてこなかった人間で、こんな意識で本と向き合おうとは思った事がありませんでした。
たった数行の言葉で人間の意識は改められるものなんですね。
つくづく単純に生まれたものです。
多分私は一生、心のありかを知る事も、自分で体を切る事も無いと思うけれど、また読書がしたい気になりました。
今丁度秋だし。
まずは、ずっと延滞している図書館の本を返す所から始めます。二年分



【2012/11/05 06:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次へ

プロフィール

ろまん

Author:ろまん
「病弱なひょうきん」。BLゲームを制作している。最近、『軍ちょこ(日本兵に配られたヘルメットの形のおちょこ。意外と可愛い系が多い)』に関する考察同人誌を書きたくて仕方がない。ちなみに20個近くをコレクションしていた。そして大学受験のために全て手放した。『ソ連バッチ』と『ラジコン』もその時手放した。どれもまた集めたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR